子育て・ママライフを楽しくするお役立ち情報
ママが幸せでいることで子供が得られる5つのメリットとは?

子供はママと一緒にいる時間が長いので、ママの様子を見て色々なことを感じます。

 

もし、ママが幸せで機嫌よく過ごしていたら赤ちゃんは色々なメリットを受け取ることができます。

 

そこで今回はママが幸せでいることで子供が得られる5つのメリットをご紹介していきたいと思います。

 

また、つい子育てが辛くなったり、しんどくなったりしたときの対処法もご紹介しますよ。

 

ママが幸せでいると子供が得られるメリット5つ

ママが幸せでいると子供は多くのメリットを得られます。

 

このメリットは一時的な感情からその後の人生に影響を与えるものまで様々なものがあります。

 

そこで子供が得られる主なメリットを5つご紹介しましょう。

 

1 ママが幸せなのが嬉しい

子供はママが大好き。

 

だからこそママが幸せそうにしていると子供も嬉しくなります。

 

優しく話してくれたり、笑顔で家事をしているところを見れば子供は安心するのです。

 

ママが幸せそうなところを見て安心して自分もまた嬉しくなるなんて可愛いですよね。

 

2 愛情で満たされる

ママは幸せでいると子供に愛情を持って優しく接することができます。

 

そのため、子供はママからの愛情をたっぷり受け取ることができます。

 

一人では生きていけないまだ小さな子供にとって親から愛情をもらうことはとても大切です。

 

たくさんママから愛してもらえれば自分も友達や周りの人に優しくできる子に育つでしょう。

 

3 将来子供ができたときに幸せなママになる

子供もいつか大人になり、好きな人と結婚して子供を授かるかもしれません。

 

そのとき、昔ママが幸せそうな様子を見て育っていたら、自分の子供にも同じように幸せな姿を見せながら子育てするようになります。

 

このようにママが幸せでいることが子供の将来にも影響を与えるのです。

 

きっと子供の子供も将来同じように幸せな育児ができるでしょう。

 

家族の中で幸せの連鎖が生まれるのは素敵なことですね。

 

4 トラウマを抱えない

ママが幸せではなく、いつもネガティブなことを言っていたり、泣きわめいたりしていると子供はトラウマを抱えてしまいます。

 

不機嫌なときに八つ当たりをされたりしたらママが怖い存在になってしまうでしょう。

 

子供のときに経験したこうしたトラウマは成長しても心の中に残ります。

 

もしママがいつも幸せで上機嫌でいれば子供はこうしたトラウマを抱えることなくのびのびと生きれるでしょう。

 

5 自分の意見を言えるようになる

ママが不幸せでいるところを見て育った子供はママの顔色を伺いながら行動するようになるので、自分の意見をはっきり言えない子に育ってしまいます。

 

他者のことを考えすぎて言いたいことが言えなければきっと生きづらくなってしまうでしょう。

 

反対にいつもママが心に余裕があって優しければ自分の気持ちを大切にして意見をはっきり主張できる子供に育ちます。

 

こんなときはどうする?しんどくなったときの対処法3つ

このようにママが幸せでいると子供には色々なメリットがあります。

 

しかし、時にはしんどくなって幸せな感情が湧いてこないというときもあると思います。

 

そこでママがしんどくなったときの対処法を3つご紹介しましょう。

 

1 完璧主義を捨てる

子育てをしているときにしんどくなる原因は色々ありますが、よくあるのが「思い通りにならない」というものです。

 

急ぎたいのに着替えが遅い、綺麗に食べて欲しいのにこぼしたというように、思い通りにならないとついムカッとしてしまいます。

 

そんなときには「ま、いいか」と思い、完璧主義を捨てると心が楽になりますよ。

 

2 他の子供と比べるのをやめる

他の子は泣かないのにうちの子は泣く、他の子はきちんと挨拶ができるのにうちの子は自分の後ろに隠れて黙っているというように他の子と比べて落ち込んでしまうママもいます。

 

しかし、子供の成長スピードはそれぞれ違います。

 

そこでよその子と比べて焦ったら過去の子供と比べてみましょう。

 

すると昔に比べて色々なことが出来るようになったことに気がつき、落ち込んでいた気持ちも回復してくるはずです。

 

3 ネガティブな感情を一度吐き出す

悲しくなったときやしんどくなったときは我慢せずにその感情を受け止めてあげるのもおすすめです。

 

ネガティブな感情を抑えてしまうとその感情はもっと大きくなってしまうこともあります。

 

そこで悲しくなったら思いっきり泣いたり、しんどいときは部屋に一人で閉じこもったりと発散する機会を作りましょう。

 

感情を出し切れば気持ちが切り替わりまた幸せなママになることができますよ。

 

まとめ

ママと子供は一緒にいる時間が長いので、子供はママの様子を見て色々なことを受け取ります。

 

ママが幸せでいれば子供は自分も嬉しくなったり、愛情で満たされたり、大きくなったときに自分も同じような姿を子供に見せられるようになったりと色々なメリットがあります。

 

そこで子供のためにも幸せな姿をたくさん見せられるようにしましょう。

 

ただし、しんどくなったときはその気持ちに蓋をせずにきちんとケアしてあげることも大切です。

 

おすすめの記事