子育て・ママライフを楽しくするお役立ち情報
30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

30代になると肌の調子が悪くなったり、体力も落ちてきたりして年を取ったことを実感し、もう若くないんだなと考えることもありますよね。

 

しかし30代になっても努力をすれば綺麗なママで居続けることも可能です。

 

そこで今回は30代になっても綺麗で居たいママがすべきことを5つまとめました。

 

30代になっても綺麗で居たいママがすべきこと5選

①年を言い訳にしない

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

30代を過ぎるとつい「もう若くないし」、「20代とは違うから」と年を言い訳にして自分磨きをしたり見た目を良くしたりすることを諦めてしまいがちです。

 

しかし、綺麗になるために自分なりに努力をしていたら30代でも美しくなることは可能です。

 

実際に30代の芸能人で綺麗な人は山ほどいますよね。そこでまずは年を言い訳にしないよう意識しましょう。

②自分に自信を持つ

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

綺麗なママでいるために必要なのは自信です。

 

自信と綺麗さは結びつかないのでは?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、「どうせ自分は可愛くないし」、「〇〇ちゃんのママみたいにはなれないし」と卑屈でいるとどうしてもどんよりした雰囲気になってしまいます。

 

そこで日頃からケアを頑張って自信に溢れた女性でいるようにしましょう。

③自分のための支出を惜しまない

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

ママは食費や養育費など家計を気にする場面が多く、メイク道具や服を買うときにどうしても安いものを選びがちです。

 

しかし、綺麗なママになりたいならそういった美容にかけるお金は惜しまないのがコツです。理想の自分になれるよう、本当に好きなものを選びましょう。

④愚痴を言わない

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

見た目が良くておしゃれなママでもいつも誰かの愚痴を言っていたら台無しです。見た目だけでなく言動も綺麗になれるかどうかに大きく関わってきます。

 

生活しているとどうしても愚痴をこぼしたくなりますが、多少「こんなことがあって」と言う程度にしておいて、誰かのことを悪く言うようなことはやめましょう。

 

⑤いつも笑顔でいる

30代になっても綺麗でいたいママがすべきことは?

みんなに好かれるママは笑顔が素敵です。

 

いつもニコニコしている人の周りには色々な人が集まってきます。

 

自分の綺麗さに自信がなくても、まずは笑顔でいることで素敵なオーラが漂いますし、「〇〇ちゃんのママって素敵だよね!」と他の人から褒めてもらえるはずです。

 

まとめ

30代を過ぎても努力次第で素敵なママでいることは可能です。

 

綺麗と聞くと見た目を整えることを意識しがちですが、内面が素敵かどうかもとても重要になります。外側も内側も綺麗な女性を目指しましょう。

 

おすすめの記事